自分のために会社をやめよう!

会社を辞めたいなら、やめるべき理由、それは「全ては自分のため」と言ってよいでしょう。世の中に企業、会社はたくさんあります。そして、そのほとんどすべてが会社の利益ばかりを優先して、社員の働きやすさや生活環境のことなどは考えずに雇用しているケースばかりです。古くから日本では、転職を重ねると忍耐が無いなどと周囲から見られて、不利になります。転職を重ねると、それだけ様々な経験をするわけですから、お給料自体が上がったっていいと思うぐらいです。それなのに世間からは白い目で見られる。全く不思議です。転職をしたい理由は様々だと思いますが、私はどこへ行っても人間関係だと思います。多少、サビ残があったとしても心地よくて楽しい職場だったら「みんなの為にちょっと残ってこれだけはやっていこう」などと、自ら進んでお金に無らない仕事をやろうとさえしませんか?ですからもしも今、人間関係で悩んで鬱になってしまいそうな人は、直ぐにその仕事を辞める事をオススメします。万が一、サビ残ばかりで寝不足になり過労死なんて事になりそうな場合などは問答無用です。即刻、辞めましょう。なぜなら、そんな会社は「百害あって一利無し」だからです。体を蝕むだけの会社、あなたは「その会社に無理をして合わせて」います。どうして「あなたが務めたい会社を見つけて会社にあなたを合わせない」のでしょうか。ですから、考え方をシフトしましょう。「1つの会社で忍耐強く」ではなく、「様々な会社を経験し、自分に合うところを忍耐強く探す」と言うように。私は様々な職場を経験して、様々な上司を見てきました。初対面ですぐにキレて、怒りくるってくる「般若上司」。自分は仕事ができないのに、または完璧では無いのに威張り散らして、人のミスだけは指摘してくる「核保有型独裁政権上司」。営業なの良いことに、外に出てコーヒーショップで時間を潰している「意識低い系上司」。どれを取っても「サイテー」です。部下を育てられないムカつく上司達という奴です。さて、そんな上司がいる会社であなたが働いていたとしたら、あなたの未来はどうですか?働きたい会社をあなた自身が、選ぶのです。趣味が天職だと言ってもいいくらいの努力をしてみれば、転職を重ねても目標が持てるはず。ただし、生活もあるのでそのために普段から貯金は必要ですね。日々の努力が、次のステップに繋がります。仕事を辞める理由、それは全てあなた自身のためです。

仮に仕事を辞めてもいくらでも仕事はある

会社を辞めたいと思った時には無理にこだわる必要はありません。自分のためにはすっきりと辞めてしまった方が良いでしょう。その理由を挙げさせていただきます。■会社には相性がある会社と個人には必ず相性があります。仕事を辞める時に、自分の能力が足りないからだと思って躊躇う人は多いです。しかし、どんなに優秀な人でもすべての会社で能力を発揮できるとは限りません。今いる会社に違和感を感じたのであれば、それはあなたがいけないのではなく、相性が合わないだけと考えても問題ないです。別の会社に移ることで、あなたの力が発揮される可能性は十分にあるのです。■嫌な仕事では成長できない仕事は面白くない面もあり、我慢が必要な時はもちろんあります。しかしその中にも何かやりがいというものが感じられることで、人は成長することができます。ですが、仕事内容が嫌なことばかりで、やりがいがまったく感じられないようであればそこから成長することは難しいです。嫌なことから学べることもありますが、充実した気持ちでする仕事の方がより大きく成長させてくれるでしょう。■ストレスは体に良くない会社を辞めたいと思いながら仕事をすることは大きなストレスになります。ストレスを抱えながら通勤するのは、心だけではなく身体にも負担を与えます。そのような状況が長く続けば体調も悪くなってしまうでしょう。仕事はあくまで生活の手段に過ぎません。その仕事で身体を壊してしまっていては本末転倒です。無理に仕事でストレスをため続けるのであれば、そこから逃れるのは正しい選択肢です。■転職は成長に繋がる転職をすることは、様々な経験をすることができるので大きな成長に繋がります。今までと同じ業態の仕事に就いても、まったく違う職種になったとしても、その経験はあなたの成長を促します。新しい会社に入ると、既に社会人経験があるために即戦力として扱われるケースがよくあります。その状況で期待に応える仕事をしなければならないプレッシャーは、新卒の時よりも多くのこと学ばせてくれます。今の会社を辞めて新しい世界に飛び込むことはマイナスなことにはならないのです。■仕事はいくらでもある仮に仕事を辞めてしまっても、新しい仕事はいくらでもあります。探せば次の仕事があるのですから、辞めたい仕事を無理やり続ける必要はなく次に向かうべきです。今は一度入社した会社で勤めあげるのが当然であった時代とは勝手が違います。転職社を受け入れる側も、十分に理解したうえで採用をしていますので、転職することへのデメリットはほとんど無くなっています。会社を辞めるかどうかは大きな悩みではあるでしょうが、辞めることであなたの人生が悪い方向に進むことはありません。無理に辞めたいと思いながら仕事をするよりも、一度辞めてリセットしてしまった方が良いことが起こるでしょう。

フリーターに会社員からなろう!

・体調が悪くなるならすぐに辞めよう仕事が嫌で体調が悪くなるようであればすぐにでも仕事を辞めるべきでしょう。何事も体が資本です。仕事はあくまでも毎日を充実させて楽しく生きるためのツールな訳ですから、体を壊しては本末転倒です。仕事が毎日楽しくて仕方ない、という幸せな人は非常に少ないのも事実ですが、体の調子が悪くなるほど嫌ならその仕事は続けるべきではありません。もっと体調が悪くなって取り返しがつかないことになるまえに思い切って辞めてしまいましょう。・人生がつまらなくなる仕事は人生における多くの時間を費やすものです。一日8時間働くとしても3分の1は仕事をしているわけです。仕事が苦痛だと人生が楽しくなくなることでしょう。お金のために仕事をしている、と割り切ってみたところで、あまりに費やす時間が大きすぎます。・あなたの代わりはいくらでもいますもし今自分が辞めたら会社が困るだろう。だから辞めないほうがいいかもしれない、なんて悩む必要は一切ありません。もしかしたら上司に、「君に辞めてもらうと困る」だったり、もっとひどい場合は「今辞めるなんて無責任だ」なんて言われることもあるかもしれません。しかしそんなことは全くありません。乱暴な言い方をしてしまえば会社にとってあなたは歯車の一つなのです。あなたの代わりになる人は幾らでもいるのです。そんなことはあり得ませんが、もし本当にあなたが辞めて会社が困るとするなら、あなたの代わりを育てなかった会社の怠慢であり、会社の責任です。あなたが気に病む必要は全くありません。むしろあなたが今の仕事を続けることで、その仕事を本当にやりたいと思っている人の雇用の機会を奪っているかもしれない、だからその人のためにも早く辞めてあげよう、くらい前向きに考えたほうがいいでしょう。・時間がもったいない世の中にはたくさんの仕事があります。きっとあなたにもっと合う仕事があるはずです。あなたが嫌だと思いながら今の仕事を続けているなら、あなたに合った新しい仕事で楽しく働く時間を減らしていることになるのです。辞めるのであれば早く決断をして、次の道に進んだほうが前向きに生きることができるでしょう。今の仕事を辞めるということは、そのままとどまるよりも相当大きなエネルギーと決意が必要です。今後の事を考えて不安になったり、自己嫌悪に陥ったりすることもあるかもしれません。しかし今は転職する人もたくさんいますし、辞めてしまえば意外となんとかなるものです。最後にもう一度立ち止まってよく考え、それでも辞めたほうがいい、と決断したらならば辞めてしまいましょう。

人生は一度きりだから会社を辞めるべき

私が会社を辞めたいならやめるべきだと思う理由を、書いていきたいと思います。1,辞めたい辞めたいと思う時間よりも、もっと大切なものがあると感じるから。辞めたいな、と思う時間があるのだったら、もっと自分がハッピーになれる時間に割いたほうが生きがいになりますし、楽しいと思います。我慢をしなければならないことはどうしても出てくると思いますが、それが自分の中で限界だと感じたら、絶対にそれ以上は伸びませんから、早くにやめるべきだと思います。その方が気持ちが楽になりますし、余計なことに時間を雪がなくなると思うので、私はすぐにやめるべきだと考えます。2,健康を損なうから。気持ちが落ち込んでしまったら、身体にも必ず影響が出てきてしまいます。病は気から、と言いますから、いくら大丈夫と自分で思っていても、心がついていかなければ健康ではありません。人間は案外脆いですから、ちょっとしたことでも同仕様もなくなってしまうんですよね。なので、健康を損なう前に、自分の状態を把握して、やばいな、と思う前にやめてしまったほうが良いです。3,嫌なことを続けるよりも、楽しいことを続けたほうが生きがいになるから。私は、嫌な仕事で沢山収入があるよりも、自分が楽しくて充実している仕事に付いている人のほうが生きがいがあって楽しくて毎日幸せだと思います。毎日嫌だな嫌だなと思って過ごしている人と、毎日楽しいな、今日はどんな枠枠が起こるかな、と思って過ごしている人とでは、やっぱり一生の生き方も変わってきますし、せっかくこの世に産まれてきたのなら、絶対に後者のほうが良いと思います。そうしなければ段々と人は離れていくと思うし、自分が楽しくなければ人は離れていく一方だと思うからです。なので、笑顔が消えている人生を送っているのなら今すぐに挽回するべきだと思います。まとめ私地震も最終的に一番初めに就職した仕事が自分に合わないと感じたので、一年経たずにやめました。そして、最終的に、別の仕事を見つけて、転職したら、その仕事が見事に天職で、毎日幸せで、人の役に立てているな、、嬉しいな、という気持ちになりました。人間はモチベーションが下がってしまうと身体に何かしら出てしまうので、最終的に寿命が縮んだりしてしまうと思います。ですので、自分の意志に従って、極力我慢をしない生き方をしていったほうが自分のためにも周りのためにもなると思います。無理をすることが一番廻りに迷枠を書けることだと感じているので、私は会社を辞めたいならやめるべきだとはっきり断言したいと思います。
ご意見箱
× 今後表示しない

フリーターになるべき理由

人間は基本的には自由な生き物です。人に迷惑でもなければ人生のだいたいのことは自由に行って然るべきだと考えます。個人的に、仕事は楽しくなければ意味がないと想います。会社にいればお金が入るのは確実ですが、せっかく人生の大事な時間を割いても、仕事を行うメリットの最低条件である給料しか得られないというのは損な気がしますし、何より空しいです。私は楽しくもなければ意味のないことは何でも切り捨てる考えで生きています。くだらない仕事、くだらない会社に自分の人生を消費することは自分を産んだ両親に、そして何より自分自身に対して失礼だと思います。そもそも辞めたいと想ったならもう答えは出ています。その意思に従って社を去るのみだと思います。とにかくつまらないことに時間を使うのは法律に引っかからないだけで大罪だと思います。たのしくないから、つまらないから辞めると言ってもそれにはそれだけの理由があるということを自分ではっきり認識することです。単に「飽きた」「何かしんどい」などの良く耳にする理由で簡単に辞めたら歳の行った社員からは「これだからユトリは」と言われる対象となります。会社に勤めるということは決して楽なことではなく、それなりの苦労が生じるのはあたりまえのことです。単に自分の怠慢で辞めるというならば話が別です。自分の頑張りが足りないために会社生活を充実できないならそれは会社に責任はありません。私は会社自体に働く上での魅力がないなら辞めるべきと強くおすすめします。自分の成長に繋がらないからです。自分が成長すること自体を怠る者はどこへいったって成長しないし、仕事が面白くなるわけがありません。辞めたいならというよりも辞めるべきだと確実に思えたら辞めた方が良いと想います。辞めたいの理由も様々なので、辞めることが自分の成長に繋がる場合のみ辞めた方がよいです。でなけば次の会社を受けたりしたら、飽きっぽい人、辛抱のない人、適当、などの評価を得て自分の品位を落とすこととなります。辞めたければ辞めれば良いとは素直に想っても、それには手順がいります。どんな会社だろうが、そこにいる人にも人生や生活があります。自分が急に抜けて彼らが困るようなことがあっては何だか後味が悪いので、辞めるならそれなりの準備をして後味がわるいことがないようにするべきです。諺の「立つ鳥跡を濁さず」の通りに行うべきです。引継ぎなどの後始末を終えてやめるべきです。