フリーターに会社員からなろう!

・体調が悪くなるならすぐに辞めよう仕事が嫌で体調が悪くなるようであればすぐにでも仕事を辞めるべきでしょう。何事も体が資本です。仕事はあくまでも毎日を充実させて楽しく生きるためのツールな訳ですから、体を壊しては本末転倒です。仕事が毎日楽しくて仕方ない、という幸せな人は非常に少ないのも事実ですが、体の調子が悪くなるほど嫌ならその仕事は続けるべきではありません。もっと体調が悪くなって取り返しがつかないことになるまえに思い切って辞めてしまいましょう。・人生がつまらなくなる仕事は人生における多くの時間を費やすものです。一日8時間働くとしても3分の1は仕事をしているわけです。仕事が苦痛だと人生が楽しくなくなることでしょう。お金のために仕事をしている、と割り切ってみたところで、あまりに費やす時間が大きすぎます。・あなたの代わりはいくらでもいますもし今自分が辞めたら会社が困るだろう。だから辞めないほうがいいかもしれない、なんて悩む必要は一切ありません。もしかしたら上司に、「君に辞めてもらうと困る」だったり、もっとひどい場合は「今辞めるなんて無責任だ」なんて言われることもあるかもしれません。しかしそんなことは全くありません。乱暴な言い方をしてしまえば会社にとってあなたは歯車の一つなのです。あなたの代わりになる人は幾らでもいるのです。そんなことはあり得ませんが、もし本当にあなたが辞めて会社が困るとするなら、あなたの代わりを育てなかった会社の怠慢であり、会社の責任です。あなたが気に病む必要は全くありません。むしろあなたが今の仕事を続けることで、その仕事を本当にやりたいと思っている人の雇用の機会を奪っているかもしれない、だからその人のためにも早く辞めてあげよう、くらい前向きに考えたほうがいいでしょう。・時間がもったいない世の中にはたくさんの仕事があります。きっとあなたにもっと合う仕事があるはずです。あなたが嫌だと思いながら今の仕事を続けているなら、あなたに合った新しい仕事で楽しく働く時間を減らしていることになるのです。辞めるのであれば早く決断をして、次の道に進んだほうが前向きに生きることができるでしょう。今の仕事を辞めるということは、そのままとどまるよりも相当大きなエネルギーと決意が必要です。今後の事を考えて不安になったり、自己嫌悪に陥ったりすることもあるかもしれません。しかし今は転職する人もたくさんいますし、辞めてしまえば意外となんとかなるものです。最後にもう一度立ち止まってよく考え、それでも辞めたほうがいい、と決断したらならば辞めてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です