仮に仕事を辞めてもいくらでも仕事はある

会社を辞めたいと思った時には無理にこだわる必要はありません。自分のためにはすっきりと辞めてしまった方が良いでしょう。その理由を挙げさせていただきます。■会社には相性がある会社と個人には必ず相性があります。仕事を辞める時に、自分の能力が足りないからだと思って躊躇う人は多いです。しかし、どんなに優秀な人でもすべての会社で能力を発揮できるとは限りません。今いる会社に違和感を感じたのであれば、それはあなたがいけないのではなく、相性が合わないだけと考えても問題ないです。別の会社に移ることで、あなたの力が発揮される可能性は十分にあるのです。■嫌な仕事では成長できない仕事は面白くない面もあり、我慢が必要な時はもちろんあります。しかしその中にも何かやりがいというものが感じられることで、人は成長することができます。ですが、仕事内容が嫌なことばかりで、やりがいがまったく感じられないようであればそこから成長することは難しいです。嫌なことから学べることもありますが、充実した気持ちでする仕事の方がより大きく成長させてくれるでしょう。■ストレスは体に良くない会社を辞めたいと思いながら仕事をすることは大きなストレスになります。ストレスを抱えながら通勤するのは、心だけではなく身体にも負担を与えます。そのような状況が長く続けば体調も悪くなってしまうでしょう。仕事はあくまで生活の手段に過ぎません。その仕事で身体を壊してしまっていては本末転倒です。無理に仕事でストレスをため続けるのであれば、そこから逃れるのは正しい選択肢です。■転職は成長に繋がる転職をすることは、様々な経験をすることができるので大きな成長に繋がります。今までと同じ業態の仕事に就いても、まったく違う職種になったとしても、その経験はあなたの成長を促します。新しい会社に入ると、既に社会人経験があるために即戦力として扱われるケースがよくあります。その状況で期待に応える仕事をしなければならないプレッシャーは、新卒の時よりも多くのこと学ばせてくれます。今の会社を辞めて新しい世界に飛び込むことはマイナスなことにはならないのです。■仕事はいくらでもある仮に仕事を辞めてしまっても、新しい仕事はいくらでもあります。探せば次の仕事があるのですから、辞めたい仕事を無理やり続ける必要はなく次に向かうべきです。今は一度入社した会社で勤めあげるのが当然であった時代とは勝手が違います。転職社を受け入れる側も、十分に理解したうえで採用をしていますので、転職することへのデメリットはほとんど無くなっています。会社を辞めるかどうかは大きな悩みではあるでしょうが、辞めることであなたの人生が悪い方向に進むことはありません。無理に辞めたいと思いながら仕事をするよりも、一度辞めてリセットしてしまった方が良いことが起こるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です