自分のために会社をやめよう!

会社を辞めたいなら、やめるべき理由、それは「全ては自分のため」と言ってよいでしょう。世の中に企業、会社はたくさんあります。そして、そのほとんどすべてが会社の利益ばかりを優先して、社員の働きやすさや生活環境のことなどは考えずに雇用しているケースばかりです。古くから日本では、転職を重ねると忍耐が無いなどと周囲から見られて、不利になります。転職を重ねると、それだけ様々な経験をするわけですから、お給料自体が上がったっていいと思うぐらいです。それなのに世間からは白い目で見られる。全く不思議です。転職をしたい理由は様々だと思いますが、私はどこへ行っても人間関係だと思います。多少、サビ残があったとしても心地よくて楽しい職場だったら「みんなの為にちょっと残ってこれだけはやっていこう」などと、自ら進んでお金に無らない仕事をやろうとさえしませんか?ですからもしも今、人間関係で悩んで鬱になってしまいそうな人は、直ぐにその仕事を辞める事をオススメします。万が一、サビ残ばかりで寝不足になり過労死なんて事になりそうな場合などは問答無用です。即刻、辞めましょう。なぜなら、そんな会社は「百害あって一利無し」だからです。体を蝕むだけの会社、あなたは「その会社に無理をして合わせて」います。どうして「あなたが務めたい会社を見つけて会社にあなたを合わせない」のでしょうか。ですから、考え方をシフトしましょう。「1つの会社で忍耐強く」ではなく、「様々な会社を経験し、自分に合うところを忍耐強く探す」と言うように。私は様々な職場を経験して、様々な上司を見てきました。初対面ですぐにキレて、怒りくるってくる「般若上司」。自分は仕事ができないのに、または完璧では無いのに威張り散らして、人のミスだけは指摘してくる「核保有型独裁政権上司」。営業なの良いことに、外に出てコーヒーショップで時間を潰している「意識低い系上司」。どれを取っても「サイテー」です。部下を育てられないムカつく上司達という奴です。さて、そんな上司がいる会社であなたが働いていたとしたら、あなたの未来はどうですか?働きたい会社をあなた自身が、選ぶのです。趣味が天職だと言ってもいいくらいの努力をしてみれば、転職を重ねても目標が持てるはず。ただし、生活もあるのでそのために普段から貯金は必要ですね。日々の努力が、次のステップに繋がります。仕事を辞める理由、それは全てあなた自身のためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です